« 素敵な近所の奥さん | トップページ | 元気に賑やかに »

2017年1月14日 (土)

鉛筆画の話の続き

近所の奥さんの刺激を受けて

ちょっとスケッチブックに描いてみました。

孫に買った図鑑に載っていたコアラの親子です

P1010001

水彩画を描こうと思って下絵を描いていたおばぁさん
以前先生に見せたら「何でこんな年寄りを描くの?」って言われたので
断念した絵をちょっと鉛筆画に修正

P1010002


これをもって近所のその奥さんに見てもらい
アドバイスを受けました。

もっと光の角度を意識して描いたら良いそうです
暗いところはもっと暗く描くそうです

おばあさんの頭は白髪のイメージ不足でした。

とても勉強になりましたよ。

初めてにしては良いんじゃないかと
慰めて頂いたわ

ついでにネットで作品が載っていないか
彼女に聞いてみたらありました。
ちなみに名字が違ってます(だから検索しても出てこなかったんだわ)

フェイスブックの方は私には見えないけど

展覧会の絵は見ることができました。

ここですhttp://gallery-kyou.jugem.jp/?eid=1429761

あまりにも出来栄えの素晴らしさに感動しました!!

« 素敵な近所の奥さん | トップページ | 元気に賑やかに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コアラちゃんが素敵ですね~(*^▽^*)
「何でこんな年寄りを描くの?」のコメントにはちょっと驚き・・
うちの近所の絵描きさんもおじいさんの皺の一本一本を細かく描いて
とっても素敵に描いていらっしゃったけど~?
そうね、光の角度を意識して、明暗をはっきりさせた方が見た人の印象に強く残ると思います。
以前に同じ教室で一緒に芍薬の花を描いた仲間がいて
すっごく緻密に描かれていて、私はその方の絵にはとてもかなわないわ~と
思っていましたけれど、
その方はその方で「自分には思い切りが欠けている」と悩んでいました。
う~ん、言われてみればもうちょっと大胆に色を乗せた方がインパクトがあるのにな~と感じられました。
私は大胆に絵を描くので、ジョージさんの絵も結構強い明暗をつけてみたら
自分でも気に入りました(≧▽≦)

展覧会の絵を拝見しました。
素敵ですね~(*^▽^*)
いろんな方の絵を観ることで刺激を受けて、それが学びにつながって
お互いを高めあえれば素敵なことですね(^^♪

まぁ芳子さん、鉛筆画もうまいんだねぇ。
何でもこなせてすごいっちゃ!

今日からお孫さんが来られて賑やかになりますね。
寒いですが楽しんで下さいね。

今日は雪が1㎝位積っています。
寒いっ。

小町さん
絵は描いても描いても満足いきませんよね
彼女も言っていましたが
どこでここまでって止めるか迷うって
先生に絵を見せる時尋ねられます
「これは何%の仕上がりですか」って
みんなほとんど仕上がった絵を見てもらっても
流石に100%なんて言えないわよね
自己満足の世界ですから
それが仕事や収入になってる人はすごいですね

お山ちゃん
朝方ぱらっと雪が降りましたがすぐやみました。
山口の方が南に有るのにいつもそっちの方が寒いね
近くのコンビニは出来上がったのだったかしら?
天候が悪い時に近くにとりあえずの買い物ができると便利ね

いよいよ娘とがっちゃんに会えます(^^♪

みました・・・すごい作品ばかりでびっくりしました
コメントもらえてよかったですね。

コアラすごく綺麗。
光を意識して。っていうのボタニカルも同じです。

年いった方の方が 描きがいがあるかもですね(シワが多いので’’)

そうっ!そうなんですよ!
どこで妥協するか・・?
どんなに頑張っても自分に100点満点をつけられるってことがないんですよね~(^-^;
いや~、この世界は追及しても追及しても奥が深いですね。
いや、この世界に限らずどこもそうなのかもしれませんね。
だからこそ切磋琢磨する意味があるんですよね(*^▽^*)

私の近所の絵描きさんでも、一枚の絵を描くのに一年かかるとするじゃないですか?
それが100万で売れたとしても、年収100万なんて超貧乏じゃないですか?
その方は年金生活ですが、年金があればこその生活なんです。
「芸術家っていうのは貧乏なんですよ。
でもどんなに貧乏でも、絵が描ければ幸せなんです」
っておっしゃっていました。

仕事や収入になっている人も厳しい世界なんですね~

norikoronさん
そうですね
ちゃんとアドバイス受けないと進歩しません
第3者の目が要ります
それがプロの目となるとラッキーです。
人に見てもらうと少しでも上達できます
いつもありがとうね
あなたもボタニカル仕上がったらまた見せてください

小町さん
おっしゃる通りです
私達のコーラスの先生も音楽家のプロ夫婦ですが
芸術で食べて行くのは辛すぎるみたいですよ
なかなか厳しい世界
趣味で楽しむには素敵ですけどね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2100594/69242680

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆画の話の続き:

« 素敵な近所の奥さん | トップページ | 元気に賑やかに »