« ホームカバーの編み方図 | トップページ | 毎年作るこの作品 »

2021年1月24日 (日)

ホームカバーその②

かぎ針編みはそう得意じゃないので
簡単なのを見つけて作っています。

これは初心者でもできる簡単作品でした。

A_20210124101901

B_20210124101801

C

D

ということで 余り毛糸で作った作品です。

この作品はつま先の丸いのができたらもぉ後は簡単でした。

P1010002_20210124101901

前回のはちょっと大きくって
今回のはちょっと小さくて
良い加減に行き当たりばったりで編むものだから・・・

これで編み物はしばらくお仕舞です。

« ホームカバーの編み方図 | トップページ | 毎年作るこの作品 »

手作り作品」カテゴリの記事

コメント

スゴイ なんだか説得力があります

私は編み物はしませんが その気になりたくなるなぁー

伝える事って なかなか難しいですよね

まぁ〜解りやすい説明付き
全部イメージ保存しましたm(_ _)m
日曜日出勤ですネ 芳子さん
有難うございます。

今日は実家からの宅配が届いた後
一番風呂 一番乗りでした。
温まって帰ってきました。
夕飯は名古屋から届いた味噌煮込みうどん
土鍋で具沢山 美味しかったです。
明日の朝は 今夜の残り温めて
パン食で(笑)

ミタサンさん
始めのうちはむつかしいと思うけど
基本がわかったら
あの1本の糸がこのようにいろんなものになって行く
不思議な世界で楽しいですよ

きょん2さん
この図を見ただけで理解できましたか?
とても簡単でよそ見しててもできる作品です。
毛糸作品は
少し小さいかなと思うくらいがちょうどいいです
使ううちに伸びてしまいます

愛の宅配便・・・良かったですねぇ

芳子さん
おはようございます\(^o^)/
は〜いできましたよ!!
今履いているのもこんな感じです。
これはやれるかも?
昔は子供のたくさん編んで もう一段
もう一段と止められなかった(笑)

今日は出勤です。ご飯が炊けたら
お弁当作り………
ではでは👋

きょん2さん
出勤前はあわただしいでしょうに
わざわざ訪問ありがとうございます

この編み方はかかとの難しい減らし芽とかないので
気楽につくれそうだと思いました
古い本のページを切り取って置いていたものです
私が編んでちょっと小さいかなと思ってたら
吐いたら少し伸びるからちょうど良かったです
もう少し深いともっとよかったわ

では いってらっしゃぁ~~~い

モチーフのホームカバーの方が
簡単のように思えます
モチーフのホームカバーの作り方
プリントさせて頂きます
~m(_)m

芳子さん、足の大きさは?
私は24センチなのですが・・・・・

中細だったら2本で編めば良いのかしら?
1枚だけカラフルに他は同色で編もうかと思っています

ざこっちゃん
私の足は23・5ですが
見本のモチーフは9センチ角となっていますから
とにかくその大きさに合わせたらOKです
私は並太1本でしたが その②のほうは細めの2本どりです
人によって編む強さが違うので
大き過ぎたらかぎ針を1号下げてください。
モチーフの方は1個できたら寸法はかってください
私はこれを確かめなかったからちょっと失敗でした
かぎ針なかったらいっぱいあるからあげますよ。

かぎ針は、数種類持ってます
お気使い有難うございます

残り毛糸だけでは、足りないので
今日、駅方面に買い物に行くので
買って来まーす
ホームカバーを作りたくなりました!

パッチワークはエコバックから
クッションカバーに変更
手が遅いので、まだまだ当分掛かりそうです
(´・ω・`)

ざこっちゃん
自分の好きな色の糸で編むのも
また 出来上がりがより一層楽しみですよね。
趣味の世界は楽しくなくっちゃ~が私の持論です
今日はフェルトを使ってお菓子作りをしています
バレンタインの声を聞くと
毎年この時期作りたくなります

芳子さん
おはようございます。
今日はお休みですが、11時に予約
しているのでカラーに行ってきます。
先週はカットで近いところの美容院に
替えました。長い間お世話になって
いたんですがコロナで休業しました。

今日はいいお天気です。
いつもありがとうございます☺️

きょん2さん
小さなお店はこのコロナ禍で経営が大変ですね
チェーン店でもそうなんでしょうね
近所の「来来亭」が2月で閉店と張り紙がありました
昨日テレビで楽天やアマゾンの返品商品や
お店の大量在庫などを一手に買い取って
半額で売り切るお店を放送していました
その店の売り上げは大きく成長しているようです
若い店長でした 頭脳戦ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームカバーの編み方図 | トップページ | 毎年作るこの作品 »